スマートとムルティプラと校庭で


更新は忘れた頃にやってくる。
by multisma
フォロー中のブログ
あかぷく雑記帳
GUSSAN RACING
よろずなぶろぐぅ
AMI Web
トゥーランな生活
あんとん(アントニオJr.)
住まいとデザインのはなし...
橋下徹のLawyer’s...
石丸謙二郎
X∞MULTIPLA
smart-time 2...
よろずなぶろぐぅ for2
スマート湘南
つれづれぐさ
みにてんとえんげる
カテゴリ
リンクなど
以前の記事

野球

野球って、例えばサッカー(日本サッカー協会)のように、競技として一つの団体にまとまっていないのも問題だと思います。
リトルリーグ、高校野球、社会人野球、プロ野球。みんなバラバラでしょう。
サッカーは、ジュニア、ユース、地域リーグ、JFL、J2、J1などがあり、それらはすべてサッカー協会によって、まとめられています。

もし今J1から1球団なくなったとしても、J2から、J2に足りなくなった分はJFLから、というように、下部組織から上げることができるのです。

今後、野球界も、しっかりとした組織をつくり、プロ野球も下部組織を作るなどの改革が急務だと思います。

また、地域に根ざしたチーム作りが重要です。そうすることによって、低予算化もできるはずです。
僕はサッカーが好きで、J2湘南のホームの試合は必ず行きます。
湘南の例でいうと、近鉄の中村の年俸が、年間の総予算くらいで、トントンくらいの経営です。
Jリーグは地域のボランティアに頼っている部分が多く、やはりこれは地域の理解を得ているからこそできること。会場運営や警備はそういう人たちで賄われています。

もう、野球が企業の広告塔や、イメージ戦略で経営される時代は終わっていると思います。
頑なに「読売ヴェルディ」と言い続けた人がいましたが、Jリーグは企業名を外して正解だったと思います。
先日、ラジオで仕事復帰した久米宏氏が「東大でて、読売新聞の政治部に入るのと、プロ野球選手になって1軍レギュラーをとるのだったら、後者の方が遙かに難しい」と語っていました。
「たかが選手」という発言を受けてのものだと思います。経営者にとって、選手はただの広告媒体に過ぎないということなのでしょう。でなければ「たかが」という言い方にはならないと思います。この発言は、野球史に残る汚点だと思います。

僕は新規に参入を認めるなら、今後の野球界を考えると、絶対2005年にすべきだと思います。
2006年にはドイツワールドカップが開催されます。日本が出場するとなると、国民は一気にサッカーを見始めます。野球なんて見ないですよ。だから2005年に急ぐべきなんです。
[PR]
by multisma | 2004-09-22 00:46 | 日々
<< これかぁ 鎌倉へ >>


検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧